| IT責任者

CIO、CISO、技術責任者やビジネスリーダー向けのコンテンツ

記事を見る arrow_forward

| 研究者

セキュリティの研究者や専門家向けのコンテンツ

記事を見る arrow_forward

| 個人

個人利用のモバイル端末に関するセキュリティコンテンツ

記事を見る arrow_forward

トップ ストーリー

ルックアウトとGoogleは、モバイル端末を狙った非常に高度な標的型攻撃である「ペガサス」がAndroidも攻撃対象としている分析結果を発表しました。 Android版ペガサスの技術詳細はこちら(英語のみ) 「サイバー空間の武器商人」とも言われているNSOグループは、モバイル端末をジェイルブレイク/ルート化する標的型攻撃マルウェアを開発しています。昨年の夏、ルックアウトはセキュリティ研究機関であるCitizen LabからUAEの政治活動家を狙った「ペガサス」という攻撃について分析依頼を受けました。その結果、ルックアウトとCitizen LabはiOSを狙う脅威について調査結果を発表しました。The New York Timesによると、発見依頼この脅威はメキシコの活動家を標的とした非常に高度なスパイウェア活動に悪用されていると報道されています。...

記事を見る arrow_forward
| 個人
2017年4月12日

2017年3月に発生したデータ侵害を振り返る:今年最大規模に匹敵する14億件ものメールアドレスが漏えい

3月は14億件以上ものアカウントが侵害され、Eメール、ソーシャルセキュリティナンバー、誕生日など、今年最大の情報漏えいが発生しました。 3月はサックス・フィフス・アベニュー、Coupa、マクドナルド(カナダ)などの有名企業を含む合計17社が情報漏えい事件を報告し、合計で1,449,373,000ものアカウントが侵害されました。また、Eメールマーケティング会社のRiver City...

記事を見る arrow_forward

| 研究者
2017年3月31日

Lookout がiOS版Safariで発生するスケアウェア攻撃を発見

Appleは3月27日にiOS10.3のアップデート配布を開始し、iOS版SafariにおけるJavaScriptを使用したポップアップ表示の処理方法を変更しました。本アップデートにより、Lookoutが発見したSafariのポップアップ表示悪用に起因したスケアウェア攻撃から端末を保護することが可能になります。...

記事を見る arrow_forward

最新のブログ


| 個人
2017年4月12日
2017年3月に発生したデータ侵害を振り返る:今年最大規模に匹敵する14億件ものメールアドレスが漏えい

3月は14億件以上ものアカウントが侵害され、Eメール、ソーシャルセキュリティナンバー、誕生日など、今年最大の情報漏えいが発生しました。...

もっと読むarrow_forward



| 研究者
2017年4月3日
Android版ペガサス:iOSの脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃が、Android版でも見つかる

ルックアウトとGoogleは、モバイル端末を狙った非常に高度な標的型攻撃である「ペガサス」がAndroidも攻撃対象としている分析結果を発表しました。 Android版ペガサスの技術詳細はこちら(英語のみ) 「サイバー空間の武器商人」とも言われているNSOグループは、モバイル端末をジェイルブレイク/ルート化する標的型攻撃マルウェアを開発しています。昨年の夏、ルックアウトはセキュリティ研究機関であるCitizen...

もっと読むarrow_forward



| 研究者
2017年3月31日
Lookout がiOS版Safariで発生するスケアウェア攻撃を発見

Appleは3月27日にiOS10.3のアップデート配布を開始し、iOS版SafariにおけるJavaScriptを使用したポップアップ表示の処理方法を変更しました。本アップデートにより、Lookoutが発見したSafariのポップアップ表示悪用に起因したスケアウェア攻撃から端末を保護することが可能...

もっと読むarrow_forward



| 個人
2017年2月28日
2017年1月に発生したデータ侵害事件を振り返る

Lookoutの個人向け製品において英語でサービス提供している「セキュリティ侵害レポート」は、セキュリティ侵害を追跡し、ユーザーに通知する機能です。このセキュリティ侵害レポートで記録したデータによると、2017年からわずか1か月間に発生した攻撃で600万件に上るアカウントや個人情報が不正アクセスされています。私たちはここで得られたデータの分析をもとに、1月に発生したデータ侵害について報告したいと思います。 1月にデータ侵害が発生した企業とその傾向...

もっと読むarrow_forward



| 研究者
2017年2月21日
ViperRAT:イスラエル国防軍がモバイルAPT攻撃の標的となったことが判明

イスラエル国防軍が高度で執拗な脅威(APT : advanced persistent threat )であるViperRATにより攻撃を受けていることが判明しました。 ViperRATは監視ウェアの一種で、大量の機密情報を端末から収集し、画像や音声データの転送に重点を置いていると思われます。また、この監視ウェアは端末に付属するカメラを乗っ取り写真撮影していることもわかっています。...

もっと読むarrow_forward



| IT責任者
2017年2月15日
ビジネス活動の中心ツールとなるモバイル端末

現在、多くの企業でモバイル端末が業務に利用されています。モバイル端末の出荷規模はPCを大きく引き離しており、モバイル端末がPCより業務に適した端末として採用される時は想像以上に早く来るのではないでしょうか。 今や業務遂行にモバイル活用は欠かせません。企業が従業員の入社初日にPCを支給しセットアップを行っても、最近ではIT部門が設定したPCを中心とする保護されたネットワーク内で業務を行うより、モバイル端末で業務を行うことが多くなりつつあります。 PCの売り上げは世界的に下降線をたどっている...

もっと読むarrow_forward



| IT責任者
2017年2月1日
iOSの脅威ペガサスとトライデント発見までの道のり

現在のスマートフォンは80年代のスーパーコンピュータにも負けない高度な機能を提供しています。しかし、今日多くのセキュリティ担当者が行っているモバイルセキュリティ対策は、フリップ式携帯のモトローラ レーザーV3などのいわゆるガラケーと言われるものに対して行っていたレベルからそれほど進化していないのが現状です。 先日、Lookoutはアメリカの雑誌『Vanity...

もっと読むarrow_forward



| 個人
2017年1月17日
2016年に発生したデータ侵害事件: 情報漏えいの被害が多発した1年を振り返る

2016年はデータ侵害史上記憶に残る重要な1年となりました。 Lookoutの個人向け製品において試験的に英語でサービス提供している「セキュリティ侵害レポート」は、セキュリティ侵害を追跡し、ユーザーに通知する機能です。私たちはここで得られたデータの分析をもとに、2016年に発生したデータ侵害について報告したいと思います。...

もっと読むarrow_forward



| IT責任者
2017年1月5日
2016年モバイル脅威報告書:脅威トレンドは標的型攻撃、脆弱性攻撃、高度に巧妙化したマルウェア

2016年のモバイル脅威を要約すると主要な脅威は5つに大別できます。 iOS を狙う深刻な標的型攻撃 端末をルート化するマルウェア 「リスキー」アプリの存在 成りすましによってユーザーを騙す脅威 繰り返し発生するモバイル脆弱性 これら5つに共通して言えることは、脅威が高度化していること、既存の脅威の亜種を発展させていること、そして使いなれたテクニックを配布手段として使用する点です。これら共通点を踏まえ、2016年に発生した深刻なモバイル脅威を振り返ってみましょう。...

もっと読むarrow_forward



| IT責任者
2016年12月12日
Gartner が2017年モバイルセキュリティ予測を発表

Gartner は「Predicts 2017: Endpoint and Mobile Security(エンドポイントセキュリティとモバイルセキュリティに関する2017年の予測)」と題したレポートを発表しました。レポートにはモバイルセキュリティや情報セキュリティについての調査結果と提言がまとめられており、企業セキュリティ責任者は一読すべき内容となっています。本レポートの内容について、3つの観点からルックアウトの見解を述べたいと思います。 1.モバイル攻撃や脆弱性は増加の一途をたどっている...

もっと読むarrow_forward