Jeremy Richards

常勤セキュリティ リサーチャー




Lookout の常勤セキュリティ リサーチャー。1995 年、14 歳の時に、レジャー スーツ ラリー 1 (Leisure Suit Larry 1) というゲームの年齢制限をかいくぐるためハッキングを開始。長年のリサーチ経験をモバイルの研究に応用するともに、アクティブなマルウェア キャンペーンの研究、および動作特徴、インフラ特性、OPSEC (運用保全) の (笑ってしまうような) 失敗例などをもとに、アクターとキャンペーンをマッピングした Lookout コーパスにおける侵入技術の探求に専心。

Jeremy Richard の投稿


| 研究者
2019年10月24日
Lookout Phishing AI によって国連および人権擁護団体を標的としたフィッシング攻撃を検出

Lookout Phishing AI は、ユニセフなど様々な国連の人権擁護団体を含む世界中の非政府組織を標的としたモバイル認識型フィッシング キャンペーンを検出しました。

もっと読むarrow_forward



| 研究者
2019年5月9日
モバイル フィッシングからの保護: https フィッシング攻撃への対策方法

https フィッシング攻撃は日常的で特定が難しいかもしれませんが、企業で Lookout を導入すればモバイル フィッシングからの包括的な保護を実現して、今日の「ポストペリメター、クラウドファースト、モバイルファースト」の世界で社内データを保護できます。

もっと読むarrow_forward